住宅ローン返済、延滞、滞納のご相談は、大阪府の美山不動産総合事務所まで。

■社団法人全日本不動産協会会員 ■社団法人 不動産保証協会会員 ■大阪府知事(2)第54270号
住宅ローン返済の延滞や滞納に関するお悩みを持つ皆様へ
メール・電話の無料相談で、ぜひお話をお聞かせ下さい。
住宅ローン返済や延滞・滞納対応 美山不動産総合事務所 わかりやすさはクオリティ
不動産トータルコンサルティング

住宅ローン返済の延滞や滞納
お困りの場合には、
任意売却という方法がございます。


任意売却

競売

美山不動産総合事務所について
リンク集
住宅ローン返済や延滞・滞納相談 対応エリア
大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・三重県
美山不動産総合事務所へ

メールでのお問い合わせは、24時間受け付けております
営業時間外のお電話でのお問い合わせは、留守電にメッセージをお願いします。
後日改めまして、こちらからご連絡させて頂きます。

大阪府高石市高師浜 
 1丁目16番16号
TEL:072-261-8570
FAX:072-242-7033
Email:miyama@miyamafudousan.com

事業紹介

 転貸借方式を採用
 リスクヘッジのための定期借家権
メールマガジン無料登録

買戻しについて

まずご本人が、住宅に対して「守りたいのかどうか」という、今後の人生設計やご家族を含めた心情的な問題と 「払えるのか払えないのか」という、現実的な経済の問題とを区別して見なければなりません。
例えば、相談事例として多いものに、 「ボーナスカットなどの減収」が原因となって「多重債務」に陥り、住宅ローン延滞を引き起こすケースです。この場合、「住宅ローン以外の借入の返済を、止めさえすれば家計に余裕が出る」という状態なら、「任意整理」や「個人再生、住宅ローン特則」などの債務整理をすることによって、住宅を守れる可能性があります。
しかし、「住宅ローン以外の借入の返済を止めても、支出を見直しても余裕が出ない」という状態なら、住宅を「任意売却」又は「競売」で手放さざるおえません。
ただし、ご親族などの協力を得て、その不動産評価額を「一括して払える」又は「与信があり新たな住宅ローンが組める」(ご親族などが)という場合には、住宅を守る、二通りの方法が考えられます。
住宅を守る2つの方法

1.ご親族などが債務引き受け

この方法は、現在のご本人の住宅ローンを、ご親族などの協力者が「新たに契約を結び、そのまま引き受ける」というやり方です。そして買主と「賃貸契約」を結び、家賃として「住宅ローン」を支払う方法です。なお、住宅ローン以外の債務については、自己破産などの債務整理を行います。

2.ご親族などに任意売却

この方法は、「ご本人が住宅ローンを今後支払うことが出来ない」という事実をもって、金融機関と交渉し競売によらず、合意によってその不動産の売却をするやり方です。そして買主(ご親族など)と「賃貸契約」を結び、家賃として「住宅ローン」を支払います。通常、ほとんどの場合、ローン残高は不動産評価額を上回る「オーバーローン」ですが、任意売却では市場価格で合意に至るため、ほとんどのケースで、以前より低めにローン返済額が設定されます。なお、ご親族などが、一括して払える場合には、親族の間のことですので金利の請求がないことが多く、毎月の返済額が全て元本となりますので、さらに有利な返済となります。

弊社では、親戚間、兄弟、親子間でも不動産売却に向けて一からお手伝いさせていただきます。
  親子等で直接売買でき、通常の銀行ローンが組め金利優遇まで使える場合もありますが、様々なケースが考えられるため、以下ではポイントを押さえてお伝えいたします。

親子間売買では通常の売買より費用がかかります
  親子間での不動産取引で銀行ローンが組めるケースでは、費用がかさむことはありません。しかし、ノンバンク等でなければ住宅ローンを組めないこともあります。また、第三者に所有権移転する場合であれば、所有権移転費用、抹消登記費用が2回かかります。さらに、短期譲渡所得となるため、所得税、住民税で39パーセントかかり、それを踏まえた報酬が必要となります。

BEFORE 住宅ローン返済の延滞や滞納などでお困りの方に任意売却のトップへ


住宅ローン返済や延滞・滞納のご相談は大阪府の美山不動産総合事務所まで 住宅ローン返済や延滞・滞納に関する相談はこちら
■プライバシーについて
株式会社美山不動産総合事務所では、お客様の個人情報はプライバシーを構成する重要な情報であると共に、当社にとって貴重な経営資源であることを認識し、お客様の個人情報を守り、守秘義務の上で正しく取り扱う事を大切に考えております。

住宅ローン返済や延滞・滞納でお困りの方は、美山不動産総合事務所へご相談下さい。