住宅ローン返済、延滞、滞納のご相談は、大阪府の美山不動産総合事務所まで。

■社団法人全日本不動産協会会員 ■社団法人 不動産保証協会会員 ■大阪府知事(2)第54270号
住宅ローン返済の延滞や滞納に関するお悩みを持つ皆様へ
メール・電話の無料相談で、ぜひお話をお聞かせ下さい。
住宅ローン返済や延滞・滞納対応 美山不動産総合事務所 わかりやすさはクオリティ
不動産トータルコンサルティング

住宅ローン返済の延滞や滞納
お困りの場合には、
任意売却という方法がございます。


任意売却

競売

美山不動産総合事務所について
リンク集
住宅ローン返済や延滞・滞納相談 対応エリア
大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・三重県
美山不動産総合事務所へ

メールでのお問い合わせは、24時間受け付けております
営業時間外のお電話でのお問い合わせは、留守電にメッセージをお願いします。
後日改めまして、こちらからご連絡させて頂きます。

大阪府高石市高師浜 
 1丁目16番16号
TEL:072-261-8570
FAX:072-242-7033
Email:miyama@miyamafudousan.com

事業紹介

 転貸借方式を採用
 リスクヘッジのための定期借家権
メールマガジン無料登録

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット。
 相談者の声では、競売と違い、ローン延滞、滞納を隣近所に知られないで済むということに、メリットを感じられる方が多いようです。そして、競売よりも市場価格に近い価格で売れることが多いため、債務者・債権者双方にメリットがある解決方法であり、また、債権者との交渉によっては、引越し代金を見ていただける場合があります。再出発を念頭におかれるなら、任意売却の方が競売よりも格段に有利となります。
※債権者(金融機関)には、必ずしも任意売却に応じなければならない義務はありません。
 債権者の社内事情によっては、競売での最低落札価格より高値でも応じない場合もあります。

1.競売に比べて高額で売却が可能

 任意売却では、市場価格で売却できるので、競売に比べて高額で売却することが可能です。そのため、 残債務が減り、その後の生活再建支援に繋げることができます。
  競売では、転売目的の不動産業者が買い取り、市場価格の2〜3割ほど安い価格での売却となるので、残債も多く残ってしまいます。

2.引っ越し費用の確保が可能

 債務額を減らすことで発生した余剰金により、引越し資金を確保することが可能です。
  競売では、引越し費用は出ず、さらに強制退去を命じられる場合もあります。

3.家族のプライバシーの保護

 任意売却の場合、表面上は一般の売却と変わらないため、近隣に知れ渡る前に売却することが可能です。
 競売になると落札希望者等が調査や写真を撮りに来たり、広告の掲載などでインターネット等で公示されたりしますので、近所に知れ渡ってしまいます。

4.ローンの月々の返済額の交渉

 任意売却で不動産の売買が完了しても、住宅ローンと物件の売買代金の差(残債務)が残ります。 この残債務は、不動産を売却した後も返済しなければならない義務があります。
  しかし、任意売却を行った場合、この残債務の月々の返済額の交渉をすることができます。
  債務者(ご相談者様)の収入を考えてくれて、債務者の生活に支障をきたさない返済額を認めてくれるケースが高いのです。

 

 

任意売却のデメリット。
 住宅ローンをある一定期間滞納、延滞をするとブラックリスト入りになります。 また、任意売却は、住宅ローンの延滞、滞納、延期が生じて初めて認めてもらえます。
 よって、任意売却をするためには、ブラックリストに入らなければなりません。

  しかし、売ろうにも売れないマンションや戸建を抱えて苦肉の策で任意売却を行う方々には、このブラックリスト入りは躊躇せざるを得ないと考えます。

NEXT 住宅ローン返済の延滞や滞納などでお困りの方に任意売却後の残債務について


住宅ローン返済や延滞・滞納のご相談は大阪府の美山不動産総合事務所まで 住宅ローン返済や延滞・滞納に関する相談はこちら
■プライバシーについて
株式会社美山不動産総合事務所では、お客様の個人情報はプライバシーを構成する重要な情報であると共に、当社にとって貴重な経営資源であることを認識し、お客様の個人情報を守り、守秘義務の上で正しく取り扱う事を大切に考えております。

住宅ローン返済や延滞・滞納でお困りの方は、美山不動産総合事務所へご相談下さい。